子供と一緒に「おうちハロウィン」DIYに挑戦!ジャイアンツグッズをおじさんフィギュア・ミフネ&ヨシダがおしゃれに変身♪(前編)

2021/10/15

ミフネさんとヨシダさんは、たろ(4歳)とじろ(2歳)のお世話に奮闘する小さなおじさん家政夫です。家事のかたわら、ふたりのお世話もしている彼らの日常を切り取ったInstagram(@taro_mifune)は、ユーモアあふれる独自の世界観が人気を集めています。

そんなおじさん家政夫のふたりが、今回はおうちハロウィンを子供と一緒に楽しく過ごすために、100均グッズなどを活用したDIYで、飾り付けに挑戦!人気DIYクリエイターのchikoさんにアドバイスをもらい、ジャイアンツグッズを使った仮装や飾り付けも実践します。

▼ジャイアンツグッズ・ハロウィンDIY例

首かけがまぐち

それぞれの作り方は記事内で詳しくご紹介していきます。お楽しみに!

おうちでハロウィンを楽しみたいおじさん

ミフネ:そろそろハロウィンの季節がやってきますね。

ヨシダ:今年も屋外で仮装を楽しむのは難しそうですから、おうちを飾り付けたり、仮装したりしてハロウィンの雰囲気を楽しみたいですね。

ミフネ:ヨシダさん、なんだかんだ毎年仮装してハロウィンを楽しんでますよね。

ヨシダ:ええ、ハロウィン好きなんですよ。実は、私の友人にジャイアンツのスタッフがいまして、今年はジャイアンツ応援グッズをたくさんもらったんですよ。

ミフネ:ジャイアンツに友人が……?ヨシダさんは本当に顔が広いですね。でも、それとハロウィンとどう関係があるんですか??

ヨシダ:ジャイアンツのカラーってオレンジと黒じゃないですか。これってハロウィンカラーですよね。このグッズを使って部屋を楽しくハロウィン仕様に飾り付けするのはどうですか?

ミフネ:たしかに、ジャイアンツのカラーは、ハロウィンの雰囲気にもぴったり合いそうです。SNSに写真を投稿して、おうちハロウィンを楽しむのもいいですね。でも、どうやってこのグッズを生かせばいいですかね。ハロウィンの飾り付けなんて今までやったことないですし……。

ヨシダ:私、ハロウィンの飾り付けに詳しい友人がいるんですよ。飾り付けのポイントを伺ってみましょうか?

ミフネ:また知り合いですか!ヨシダさんは本当に知り合いが多いですね……。ぜひお願いします。

ヨシダ:では、さっそくテレビ電話で聞いてみましょう。

ミフネ:いつも話が早いですね。では、電話のセッティングは私がしますね。

DIYクリエイター・chikoさんにインタビュー!

ヨシダ:どうですか、セッティングできましたか?

ミフネ:ええ、できました。

ヨシダ:ちょっとなんか変なエフェクトかかってますよ。

ミフネ:このほうが楽しいと思って。

ヨシダ:……。

ミフネ:すみません。外しますね。

ヨシダ:では気を取り直してテレビ電話を設定してみましょう。もしもし、お久しぶりです。

ミフネ:はじめまして、ミフネです。今日はよろしくお願いします。

chiko:ヨシダさん、お久しぶりです。ミフネさん、はじめまして。DIYクリエイターのchikoです。

【Profile】chiko
DIYクリエイター インテリアデザイナー

22年前に購入した、築10年の中古住宅を修繕するためにはじめたDIYにのめり込み、家具や雑貨も制作を開始。ブログやSNSや動画で作り方を発信したところ、おしゃれな女性を中心に人気を博し、雑誌、テレビやラジオのDIY企画にも多数出演。現在では活動の場を全国へと広げ、新築モデルルームのデザインや、DIY工房、空き家DIYプロデュースなど多方面で活動中。著書『let's diy! カフェみたいなお家を作ろう』が宝島社から好評発売中!
Instagram:wagonworks

chiko:今日はハロウィンの飾り付けについて知りたいんですよね。

ヨシダ:そうなんです。たろさんやじろさんと一緒に楽しめるといいなと思うので、子どもと一緒に作れる飾り付けについてぜひ教えて下さい。

ポイント①:飾り付けのポイントはハロウィンカラーにあり!

chiko:では、最初に飾り付けのポイントからご説明しますね。

ミフネ:はい、よろしくお願いします。

chiko:まず、ハロウィンの飾り付けを考えるときには、色を統一することがとても大切です。ハロウィンカラーというと一般的にオレンジや黒ですが、紫や白のアイテムも散りばめるとバランスよく見えますよ。

でも、色をたくさん使いすぎると統一感がなくなってしまうので、その他の色は少ないほうがまとまった印象になります。

ミフネ:たくさんの色があると楽しい雰囲気は出るかもしれませんが、少しうるさい印象になりますもんね。

chiko:おうちハロウィンの飾り付けは毎日生活する空間を使うので、長期間飾り付けをしたい場合はにぎやかになりすぎないよう、気をつけるのが大切です。

ポイント②:普段使っている雑貨や100均グッズを活用しよう

chiko:そして、実際に飾り付けるものは別にハロウィンに直接関係あるものだけでなくてもいいんですよ。たとえば、このランプは普段はキャンプで使っているのですが、ハロウィン用飾りの雰囲気にぴったりなので一緒に置いても違和感ないですよね。

その他にもキャンドルやドライフラワー、洋書など、西洋風のものをサブアイテムとして使うとおしゃれな飾り付けができますよ。

ヨシダ:なんとなくハロウィンのものだけで飾り付けしなければいけないのかと思っていましたが、そういったサブアイテムを使うと部屋の見栄えもワンランク上がりそうですね。他の季節の飾り付けにも応用ができそうですし、物によっては一年中使えますね。

chiko:そうですね、無理のない範囲で部屋になじむようなサブアイテムを取り入れるといいと思います。ハロウィングッズ自体は最近は100均のようなプチプラでたくさん揃えることができるので、「色を統一させる」ことと「サブアイテムを使う」ことを考えながらアイテムを揃えるといいと思います。

ミフネ:なんかもう今の話だけで随分と飾り付けができそうな気がしてきました。家中をハロウィンで飾り付けてしまいましょう!

ポイント③:飾り付けをする場所は一角に絞ろう

chiko:でも、家中を飾り付けるのは大変ですし、なによりグッズを揃えるのにお金もかかってしまいますよね。そこで、飾り付けをするときは家のどこか一角に場所を絞って、そこを中心に飾り付けすることをおすすめします。

ミフネ:確かにそうですね。飾り付けする場所はどういったことを気をつけたらいいですかね??

chiko:飾り付けをした場所で仮装をして写真が撮れることを念頭に、撮影ブースをつくるようなイメージで人が入るスペースを作るといいと思います。せっかく飾り付けを作り込んでも、写真を取る時に飾りが隠れてしまうともったいないですからね。

ヨシダ:それは目からウロコですね。確かに仮装したら、飾り付けの前で撮影したくなりますね。

chiko:あとは写真に映したい人の身長に合わせた高さに飾り付けするのもポイントです。例えば、お子さんやわんちゃんと撮影する時には、低い位置を中心に飾り付けするといいですよ。

ヨシダ:chikoさん、飾り付けなんですが、たろさんとじろさんと一緒に何か作ってみたいとも思っているのですが、何か子供でも作れるようなアイテムってあったりしますか??

chiko:それならちょうどいいのがいくつかありますよ。まずはペーパーファンです。

chiko:ペーパーファンは折り紙なので、お子さんも楽しみながら作ることができると思いますよ。明るい色の紙で作ると楽しい印象になったり、英字新聞などで作ると少し大人な印象になったりと、紙次第でいろいろな雰囲気を出すことができます。

ミフネ:おお、これなら私でも作ることができそうですね。

chiko:他には、毛糸を使ってクモの巣を作ったり、モールを使ってクモを作ったりできます。厚紙を切り抜いてコウモリなんかも作れますね。これらも難しい作り方ではないので、お子さんと一緒に作ることができると思います。

ヨシダ:クモなんて虫好きのたろさんは絶対に喜びますね。

chiko:こういった手作りのアイテムを混ぜるだけでも、オリジナリティあふれる飾り付けになると思いますよ。

ジャイアンツグッズをハロウィン風にアレンジ!

ミフネ:ヨシダさん、これ無料で聞いていい話ですか?ものすごくタメになりますね。

ヨシダ:本当ですね。せっかくなのでもっと聞かせてもらいましょう。chikoさん、実は先日、友人にジャイアンツの応援グッズをたくさんいただきまして、それを今回ハロウィンの飾り付けに活かしたいと思っているのですが、いいアイデアがあればお聞きしたいのです。

chiko:ジャイアンツの応援グッズですか。いいですね。色合いがハロウィンと同じですもんね。どんなグッズがあるのですか??

ヨシダ:いろいろあるのですが、まずはこのジャビットくんはどうでしょう??大きいジャビットくん、小さいジャビットくん、たくさん人形があります。

chiko:そうですね。こういったぬいぐるみみたいなものは口にフェルトでキバをつけたり、羽をつけたりすることでコウモリのような飾り付けができると思いますよ。ハロウィンの飾り付けとコウモリは相性がいいですから、それだけでだいぶ雰囲気は出せると思います。

ミフネ:なるほど、我々では出ないようなアイデアですね。他にもキャップやユニフォーム、ポンチョなどもあるのですが、こちらはどうしたら活用できるでしょうか。

chiko:キャップに関しては、同じくフェルトで作った角などをつければそれだけでハロウィンの雰囲気は出せると思います。ユニフォームやポンチョは、100均などに売っているハロウィンのガーランドをバラして、それを貼り付けるとかわいい飾り付けができますよ。

▲ハロウィンのガーランド例

ミフネ:ガーランドをバラして…!そんな使い方があるんですね

ヨシダ:フェイスタオルなんかもあるんですが、これは何かいいアイデアはありますか??

chiko:フェイスタオルは折って、輪ゴムなどで縛るとクマさんのような形にできるのでこれもお子さんと作っても楽しいかもしれないですね。今まで紹介したものは、両面テープなどを使えば、すべてもとの状態に戻せるので、飾り付けが終わったあとも使い続けられますよ。

ミフネ:飾り付けの後のことまでフォローいただけるなんて…。素晴らしいですね。

ヨシダ:これなら飾り付けも仮装もバッチリですね。ミフネさん、できそうですか?

ミフネ:はい、すごく楽しみになってきました。chikoさん、今日はありがとうございました。

chiko:詳しい作り方はメールで送っておきますね。

ヨシダ:ありがとうございました。

いざ飾り付け!ジャイアンツグッズで仮装して撮影!

ミフネ:chikoさんから教えてもらった飾り付け、早速作ってみましょう。

ヨシダ:そうですね。作り方はメールで教えてもらったので、私にまかせてください。あとで詳しい作り方も紹介しますね。



ヨシダ:できました!

ミフネ:すてきなハロウィングッズが完成しましたね!

ヨシダ:飾り付けも完璧です。ハロウィンとジャイアンツが融合しましたね。

ミフネ:改めてですが、ジャイアンツってハロウィンと相性良すぎですね。

ヨシダ:棚の飾り付けで使ったジャイアンツグッズはこちらです。

首かけがまぐち
こうもりのつばさと牙をフェルトで作ってかわいい飾りにアレンジ!キャンディを入れて「トリック・オア・トリート」をするのにもぴったりなサイズ感。

のりのりジャビット
ウィンク、キリッ、スマイルと3種類の表情があるマスコット。表情にあわせてキバなどの飾り付けをしよう!

HAYATO2000 ハンドパペットセット ライオンハヤト
かぼちゃの飾りなどをくっつけるだけでキュートなハロウィン仕様に変身!

ミフネ:私たちも仮装してみましたが、ヨシダさん、キマってますね!

ヨシダ:ええ、ドラキュラ伯爵をイメージしてみました。ミフネさんは、帽子長いですね……。あと、そのハリセンはなんですか?

ミフネ:ええ、お笑い魔法使いをイメージしてみました。

ヨシダ:どんなイメージですかそれ。

ミフネ:では、たろさんじろさんにも衣装に着替えてもらって撮影しましょうか。ふたり用に撮影スペースも用意しましたよ。

ヨシダ:呼んできますね。



ミフネ:では撮りますよ!はい、チーズ!

ヨシダ:じろさんは大人用のユニフォームをかぶっておばけになりきってますね。

ミフネ:たろさんは子ども用ポンチョを着てもらいました。マスクが大きくて顔がほとんど見えませんね(笑)

ヨシダ:撮影用の飾り付けで使ったジャイアンツグッズはこちらです。

クッション ロゴ【全2色】
家庭に取り入れやすいクッション。フェルトや厚紙でかぼちゃの顔を作って飾りを作って貼れば、ハロウィングッズに早変わり!

ジャビット スマイルクッション
折り紙で作ったキバや、コウモリ、かぼちゃなどをフェイスペイント風に貼ってカスタム

GIANTS マウスカバー2021(オレンジ)
100均で売っている目玉シールなど、仮装用アイテムを取り付けるのもおすすめ!

GIANTS レプリカユニホーム【橙魂 2021】番号なし
今回は自由に飾り付けできるよう背番号なしをセレクト。ガーランドを貼る、子どもに着せておばけ風に見せるなどアレンジも多彩。

刺繍ロゴフェイスタオル
フェイスタオルを使ったクマのぬいぐるみを作って、キュートなハロウィン飾りに変身!

GIANTS レインポンチョ(子ども用)
100均で販売しているガーランドをばらして貼り付け、ハロウィン仕様にアレンジ

NEW ERA Child9FIFTY GIANTS ジャビット ブラック×オレンジ
フェルトで角を作って帽子につけるだけで仮装が可能。

ミフネ:素敵なグッズが完成しましたね!たろさん、じろさんも喜んでいました。

ヨシダ:そうですね。おうちハロウィンが楽しく過ごせそうです!

次回のコラムは10月18日(月)!

フェイスタオルで作るクマや、子どもでも簡単に作れるペーパーファンなどの詳しい作り方は、次回(10月18日予定)のコラムにてご紹介しますのでお楽しみに!

SNSでシェアする